トリコモナス前立腺炎

トリコモナス症は、それが前立腺炎、前立腺癌、前立腺炎は、トリコモナス症と呼ぶことができる寄生虫され、人間の寄生虫です。一部の学者は、状況のトリコモナス症の前立腺疾患のこの種と呼ばれています。トリコモナス前立腺炎は、臨床では珍しいことではありませんが、簡単に見落とさ。多くの医師が前立腺炎の頻繁な細菌感染に慣れているため、9月には、部分的にトリコモナス症の前立腺炎の病因診断に部分的にはより困難に起因(トリコモナス症を見つけます。)。トリコモナス症と細菌性前立腺炎前立腺炎大体同じ端末の臨床症状は、排尿時の痛み、会陰、直腸膨満および不快感で鈍い痛みかもしれません。急性、あなたはまた、頻尿、切迫感、排尿障害およびその他の尿路の炎症、さらには発熱や他の全身症状をすることができます。

簡単な紹介私達はすべて知っているようでは、トリコモナス膣炎は、トリコモナス症に苦しむ男性と女性が性交後に膣炎時、伝染することができ、女性の一般的な疾患である。トリコモナストリコモナスは外来診療で患者の前立腺炎であっても、前立腺の顕微鏡検査の新鮮な尿検体または検体を取り、通常は検出することがより困難であり、多くの場合、必要とされますトリコモナス症を見つけるために、数回繰り返します。プラス忙しい診療所、医師や細菌に慣れ患者の前立腺炎と前立腺マッサージ液を引き起こすが、痛み、重度の繰り返しサンプリングに入れなければならないので、診断は非常に困難です。しかし、我々は診断に非常に有用である膣トリコモナス症歴のない配偶者に依頼する前立腺炎、抗生物質による治療と貧しい患者の既存の臨床症状を見つけた場合。男性はほとんど常に女性の感染症、膣トリコモナスをトリコモナス症、女性はより便利で正確な検査をしているので、したがって、このレビューにそれらを受け入れるために動員されるべきです。また、配偶者トリコモナス症に苦しんでは、男性は、まだトリコモナス症に苦しんでいる可能性前立腺炎」よりは「理由トリコモナス感染における互いの性的ヒーリング感染減速の両方の夫と妻。そのため、人間が直接検出された場合は、トリコモナス症またはトリコモナス膣炎に苦しんでいる女性、両方の配偶者一緒に経口メトロニダゾールの治療と、好ましくは医師の薬の指導の下、および重大な影響を受けることができる。簡単に臨床の原因の中で見落とさトリコモナス前立腺炎トリコモナス症は、人間の寄生虫で、それは前立腺前立腺炎を寄生虫ので、前立腺炎ができていますトリコモナス症と呼ばれます。一部の学者は、状況のトリコモナス症の前立腺疾患のこの種と呼ばれています。トリコモナス前立腺炎は、臨床では珍しいことではありませんが、簡単に見落とさ。部分的にトリコモナス症の前立腺炎の病因診断に9月、(トリコモナス症を見つける。)多くの医師が原因で一般的な細菌感染症に前立腺炎に慣れている理由の一つ、より困難。最後に、トリコモナス前立腺炎細菌感染も組み合わせることができることに言及あなたが前立腺を持っている場合、処理プロセスは、この要因を無視するべきではありません液体細菌培養物は、同時処理の効果が顕著である、細菌の増殖せずに薬抗生物質感受性試験を行って、これらの細菌の原因を見つけることができます。症状1、尿障害:尿意切迫感、頻尿、排尿困難、尿ネット、尿道燃焼、白濁放電に滴下最近の尿道で排便や排尿、一般的に尿白として知られている。2、痛み:..しばしば腰仙地域など下腹部、会陰部、恥骨、鼠径部、精巣、精索、マイナー痛み、ほとんどが断続的に発生する3、性的機能不全:性欲の喪失、インポテンス、早漏、射精の痛み。4、神経衰弱:というように頭痛、めまい、不眠、夢、うつ病、と。[1] へのダメージ1を、男性の性欲は弱まった。前立腺は男性の性的行為を引き起こす可能性があり、多くの場合、興奮神経や状態の中枢ようだが、励起状態のうち、長期的には男性の性的興奮を引き起こすことは容易であるので、男性の性的機能不全を引き起こし、抑制されている2婦人科婦人病に誘導されました引き起こされる細菌感染症の前立腺炎の数は、それが性生活を引き起こすことは容易であるので、このように女性は婦人科の炎症によって引き起こされる、感染するなり、これらの細菌女性生殖器。3は、ホルモン障害:通常の男性の前立腺は、種々の物質を分泌するが、前立腺分泌物の影響に苦しんで引き起こす可能性がありますします。、ときに人のめまい、疲労感などの症状男性ホルモン障害、4、生活や仕事に影響を与えている:男性は前立腺炎に苦しんでいるので、このような患者などの頻尿、尿意切迫感、現象の尿千差万別で、多くの場合、失うときは、落ち着き、どの。男性の普通の生活と仕事に影響を及ぼし、それが原因となる炎症の男、増殖、したがって、隣接する感染臓器であることが容易であり、前立腺炎は長い間死ん:、5隣接する他の器官の感染を炎症を。表示された感染経路1、リンパ管感染症:リンパ感染は比較的まれである、尿路感染症を、そして前立腺リンパチャネルの結腸、直腸、炎症や感染症を介して、炎症の原因となる。2、敗血症:血流病原体を介して、体の他の部分にコロニーは、前立腺前立腺炎を引き起こす可能性があります。最も一般的なのは、血液および前立腺への細菌の侵入後の皮膚、扁桃、虫歯、呼吸器や腸管感染症の焦点である。3、直接拡散:直接拡散は、感染のより一般的なルートです。男性排尿は、細菌は、急性または慢性の前立腺炎を引き起こし、上向きの尿道を経由して尿路、その後、カテーテル侵襲前立腺前立腺を入力してください。セクシュアリティ繰り返しまたは過度のマスターベーションは、前立腺の混雑を引き起こす可能性があり、前立腺炎が発生しました。尿道の単位尿道カテーテル法や細菌をチェックすると、前立腺の炎症を引き起こす可能性があります。良性前立腺肥大症や前立腺尿道の存在下での石は、元の非細菌が平和に共存できる尿道粘膜は免疫力を低下するだけでなく、前立腺炎になりやすいです。[2]男性不妊症の前立腺炎の原因は何である病気が分泌を減少させたときに1、精子の精子の運動性は、レシチンの酵素が含まれているため、前立腺液が不可欠である存続し、エネルギーや栄養素を提供できる要素精子をトレース、これらの栄養素は、それが精子の運動性を低減します。2、無射精かバック射精射精、または射精無能をバック引き起こす可能性がありますので、精子は無菌ではない、もちろん、膣に到達することはできません。前立腺炎3、酸性物質が酸性物質に追加されているが、患者の体に追加され、精液の場合には増加した酸味、精子の生存不適切、このように精子の運動性を低下させる。4、精液精液液化このように不妊。精子の運動性、効果5は、精液中の病原性微生物や細菌毒素を含む前立腺液に細菌毒素患者の前立腺炎は、あなたが直接精子を殺すことができるときに抗精子抗体、精子で死んだ精子の数、異常な精子の運動性が低下し、先体活性が男性不妊につながる、低減される。