top

“Invitation to Dance – It’s a Dance. And sometimes they turn the lights off in this ballroom. But we’ll dance anyway, you and I. Even in the Dark. Especially in the Dark. May I have the pleasure?” — Stephen King ::::::::::: MY CRITERIA FOR DISCUSSION ENCOMPASSES THE HORROR GENRE AND BEYOND, SO I USE THE TERM “NIGHTMARE MOVIES”. SPOILERS CAN OCCUR WITH OR WITHOUT WARNING. READ AT YOUR OWN RISK.

All the same elements – movie reviews, interviews, giveaways, lists, festival coverage, etc – but ultimately broader in scope, taking in all kinds of movie genre goodies, not just the horror – although you’ll be pleased to know I do have a dedicated horrorphile page.

Please click on the link above and come and visit me there, and even better, SUBSCRIBE!

I decided to wrap up my time on Orble with a doozy.

Here’s the challenge.

It’s all about favourites, and in one case an ultimate: my True Believers’ and mine.

All you have to do is copy and past the questions below into the comment box and fill in your answers.

You’ll have to think a little, but hey, that’s half the fun. Of course, don’t think too hard, go with your gut reaction. A few of the latter questions will have a nudge to keep your answer on track.

The incentive to undertaking this challenge is that I will be choosing the person whose answers tickle my dark fancy the most and will send them a lucky dip prize pack of several cult/classic DVDs and/or Blu-rays. It’s a gesture of thanks to my loyal subscribers and followers.

So here are the 31 questions – my coda grind – to tie in with October 31st: The Eve of All Hallow’s … Hallowe’en.

1. Favourite pre-1968 movie:

2. Favourite vampire movie:

3. Favourite zombie movie:

4. Favourite monster or creature feature:

5. Favourite supernatural or ghost movie:

6. Favourite scariest movie:

7. Favourite comedy:

8. Favourite remake/reboot:

9. Favourite sequel or prequel:

10. Favourite novel or short story adaptation:

11. Favourite Australian or New Zealand movie:

12. Favourite science fiction/fantasy movie:

13. Favourite movie that genuinely scared you as a child (pre-teens):

14. Favourite black & white movie:

15. Favourite werewolf movie:

16. Favourite psycho/boogeyman/slasher movie:

17. Favourite witchcraft (demon/Devil/demonic possession) movie:

18. Favourite director (include three movies):

19. Favourite low-budget movie (less than $1m):

20. Favourite gore or transformation set piece:

21. Favourite movie based on a true story, events, or real person(s):

22. Favourite Asian movie:

23. Favourite European movie:

24. Favourite line of dialogue:

25. Favourite exploitation/grindhouse-style:

26. Ultimate pet hate (movie, element, genre, etc):
[Nudge: The flick that everyone else likes but you, or maybe it’s the use of CGI instead of squibs, or perhaps it’s the found footage sub-genre]

27. Favourite repeat viewing:
[Nudge: The flick you can watch over and over and over and over …]

28. Favourite score:
[Nudge: You don’t need to name the composer, the movie will suffice]

29. Favourite weirdest, freakiest movie:
[Nudge: The flick with imagery and/or story that continues to baffle you, or that obscure one few people know about]

30. Favourite brutal/disturbing movie:
[Nudge: Not necessarily the goriest, but the one that has marked you, maybe even given you nightmares]

31. Favourite Final Girl:
[Nudge: Who has the ultimate pair of lungs, that charismatic chutzpah, that joie de vive?]

Back on August 14th I indicated that I would soon be making an announcement.

It’s almost All Hallow’s Eve … That time has arrived.

It’s been a rollercoaster year so far, and I’m stepping off the Orble ride. After Halloween I will no longer be posting on Horrorphile – Pleasure Of Nightmares. I am moving on from underneath the Orble umbrella, slipping into the Darkness momentarily whilst I build my new platform.

I’m looking at it as a re-birth; like the phoenix from the fire.

I started Horrorphile in August 2006 as a curious delving into the relatively new realm of “blogging”. 1105 posts later and that world has changed dramatically in the six years I’ve been involved with Orble. I’ve had a good time in this neck of the cyber woods, and I’ve met some great people, several of whom have become good friends, and I’ve garnered an impressive following. But the time has come to spread my wings wider, soar higher, fly further.

However there are two very important elements to my departure from Orble. Please take note!

1. Although I will no longer be posting on Horrorphile – Pleasure Of Nightmares it will remain active as an online archive. No one else will be stepping in as host, editor or mediator, however I will endeavour to answer as many comments as I can, but I can’t guarantee a swift reply.

2. As soon as I have my new website up and running I will provide a banner here with hyperlink to re-direct traffic. I hope that all my loyal email subscribers will follow me to my new online home. It’s very important to have my True Believers follow my path.

So this is not so much a goodbye, as a goodnight.

I would like to take this opportunity to thank Jon, Orble’s founder, for providing me with the platform to wax lyrical about the pleasure of nightmares, and for his support over the past six years. I would also like to thank some of the fellow Orble bloggers (past and present) who made my time here all the more enjoyable and interesting; – first and foremost, my pardner in ciné-crime, John Doe, who joined two days after I did, the early years posse; Cibbuano, charles, Damo, Homer Joyce, Natalina, Michaelie, Tracy, KylieW, Nina, DuskDevi, D. Armenta, Dementia, MelissaA, Journeywoman, Luke, Ruby, Stanley, Someone, Kelly Wand, the other serious movie buffs; Matt Shea, David O’Connell, Shaun Katz, Catherine Stebbins, cinemaistruth, and last, but not least, suitably*wounded.

性感染症は、血液、尿について試験した小胞のサンプルを取るか、または視覚的に認識することができます。

感染を疑う理由がある場合に性病検査は、無防備なセックスで一週間または約2約束をする必要があります。

いくつかの性感染症は、試験を行う前に、時間の長い期間を必要とする:梅毒は約2ヶ月のために検出されたHIV三ヶ月感染の受領後までです。

性的主に地元の保健センターを求め、疾患の検査を送信しました。そこ保健センターとの間の違いは大きな差が、ただし、であり、そしていくつかの小さな町では、例えば、クラミジア・テストのための、唯一の無症候性の患者において提供してもよいです。

いくつかの大規模な町(ヘルシンキ、トゥルク、タンペレとオウル)でテストを配置することができ、それを通して別々の性病クリニックです。

学生は学生の健康管理にお問い合わせすることをお勧めします、大学の学生は、性感染症のテストはを通じて総合的にFSHSに配置されています。

また、個々のHIV感染と戦う対策のための試験はHIV支援センター、、などヨエンスー、ユヴァスキュラ、クオピオとセイナヨキでフィンランド赤十字の施設です。

何らかの理由で自治体ヘルスケアのための適切なテストを提供することができない場合は、必要条件にもかかわらず、あなたは民間医療センターを求めるべきです。

このようにして作られたテストは有料ですが、多くの場合、より良いテストの機会を提供しています。

試験の結果は、通常、約一週間で完了され、そして、例えば、テストを呼び出すこと性感染症検査結果を保証するには、パーティを行いました。

性感染症の検査もまっすぐ自宅で行うことが可能な技術を進められています。

少なくとも女性がクラミジアに直接自宅でクラミジアの検査を行うことができますことができますホームテストされています。

性病査のために行くべきですか?

彼らはどのようにそれが個人データの多くを取らないと上のデータを見ている。

何にでもとにかくエントリの多くを残していないだろう、など慎重に可能な限り行くことができますすることができますか?

例えば。など次の医師、看護師、検査が行われていることがわかります。

性感染症は通常、テストされ、コストの多くすることができますどこに?

それは、血液検査のための任意の性感染症の検査を取るために女性を取ることは可能ですか?

通常、それらのすべてを一度のだろうか?電話での広告のだろうか?

あなたの質問に関連する疾患をテストしていただきありがとうございます。

代わりに、私たちは通常、ワード使用性感染単語のセックス疾患、より正確に感染の方法を反映しています。セックス疾患は、男女を問わずすべての人にご利用いただけます。

最も一般的な性感染症は、クラミジア、淋病、梅毒、HIV、B型肝炎、ヘルペスとHPVあります。

あなたが保護されていない性的接触があった場合は、原則として、性病のクラミジア、淋病、梅毒とHIVは常にテストする必要があります。

無防備なセックスは、コンドームまたは膣またはコンドームなしで、同様にオーラルセックスを意味します。

コンドームは常に最初から最後まで性交やオーラルセックスの際に使用されるべきです。

コンドームとの性交は、無傷の粘膜とより楽しい性交を保持し、破壊からコンドームを防止潤滑剤を使用することをお勧めします。

セックスの病気の試験は、自治体に居住異なるブランチに応じて実施されます。

あなたは、最も簡単なテストがありますどのように、医療サービスの住所のあなた自身の場所を見つける必要があります。

セックス病薬と可能なフォローアップ訪問がヘルペスと肛門性器イボのすべての他の疾患の治療を除いて、無償公衆衛生サービスです。

コストは確かに潜在的な医師の訪問や外来料金になる場合があります。

保健所の検査は通常、看護師や医師の紹介と自己テスト実験室で行われますのいずれかを必要としています。

私立診療所のテストは、その費用を訪問するかもしれません。

テストはまた、自分の学校や生徒の健康管理、あるいはヘルスケアへのアクセスを要求することができます。

あなたのコミュニティが皮膚や性病診療所で見つけることができた場合は、テストもそこに行うことができる一般的には、性感染症クリニックを送信する必要がないと任命し、最初の訪問は無料ですが、それはあなたが住んでいるものを見つけることができれば、あなたは、あなたの街の性感染症の外来診療を検査する必要があります。

ヘルペスは、視覚的に検出することができます。

生殖器疣贅は、パピローマウイルス形成によって引き起こされます。

パピローマウイルスは、女性ではなく、子宮や子宮頸管の口の細胞の変化を引き起こす可能性があります。

細胞の変化は、パップ試験によって検出することができます。

ヘルペスと性器疣贅は時々コンドームの使用にもかかわらず、固執することができます。ヘルペスとイボ医師のオフィスの点で、したがって、あなたは、症状に基づいて適用する必要があります。

クラミジアや淋病は、尿によって試験することができます。

綿棒サンプルは、男性と女性では尿道、膣、子宮や子宮頸管の口から取られています。

クラミジアは感染後1-2週間以内に観察することができます。

クラミジアも保護されていないアナルセックス直腸粘膜または保護されていないオーラルセックス口腔粘膜で得ることができます。

この場合、テストは肛門または口のどちらかを粘膜から採取されます。

梅毒、HIV及び肝炎は、血液検査を試験します。

梅毒は、検査の結果、感染後約一ヶ月発見されました。

HIV検査は完全に信頼性があるときに3ヶ月の期間のリスク状況で、HIV感染は、しかし、以前のテストに反映することができるが、否定応答(すなわち、感染していない)3カ月後まで完全に確信しています。

他の性感染症とは異なり、HIVはオーラルセックス、精子やおりものの口を受け取るだけのパーティから送信することができます。

一般に、すべての性感染症検査は、インキュベーション時間の枠内で同時に行うことができます。

試験の結果の表現は、各ユニットが変化します。

あなたがテストを行ったときにあなたは看護師や医師に尋ねることができます。

セックス病気の試験の性交は怖がらせるか、恥べきではありません。セックスの病気の試験は、必要に応じて、時にはそれ以外の唯一の責任ある行動性的挙動を示します。

医療スタッフは、プロの秘密によって縛られています。

ヘルスケアでは、患者の情報を見ることができるかについて厳格なルールがあります。患者の記録はあなたに関連して気にしない人のようなものを見に行くことはできません。

過去やその結果で行われた実験室でのテストは、同じ研究室のサービスを使用するヘルスケア単位で参照することが通常可能です。

たとえば、性感染症の検査部門に移動するので、テストでは、その逆の例では、学生や労働衛生ケアや民間医療センターではなくのために、見られることになるだろうされていない場合。

ほぼ各私たちのかつて私の人生の中では個人的に彼らに会いました。

なお、彼らは偶然にも些細な呼び出すことはできません、陳腐なクラミジアに致命的なHIVから30以上です。

もちろん、ほとんどの性感染症は治療可能である。

すべてではありません。

例えば、性器ヘルペスとあきらめ決して成功しない薬物療法のみ疾患を軽減し、再発の頻度と重症度を軽減します。

取り除くヒトパピローマウイルス(HPV)25下にあるものは、その後、ウイルスは、治療の意味を破壊することはできません唯一のチャンスである-ウイルスの影響を受けている組織の変化を排除します。

ところで、それは、HPVが子宮頸部、膣、外陰部および陰茎の癌を引き起こすことができると考えられます。

性器ヘルペスのウイルスは、精子に影響を与え、彼らは妊娠中の女性が感染している場合、それは胎児の重度の先天性疾患を引き起こす可能性があります。

あなたは遅滞なくそれを起動して、最後まで持参する場合は治療の成功は、唯一のケースとなります。

医者への訪問を延期する必要がないことを発見する7つの基本的な属性があります。

しかし、例えば、梅毒、またはクラミジアは感染後数週間を発生することがあり、時には長い時間のための一般的な性感染症が隠れ漏洩する可能性が、慢性になります。

出典:おすすめ性病検査キット・・・性病検査に精度の違いはありませんが検査方法によっては検査結果の精度や検査結果が出るまでの期間が違います。

クラミジア

症状

痛みを陰嚢に、会陰部を-感染後1-4週間後、彼らは男性で、女性の月経期間の間で出血、膿性分泌物、痛みを伴う排尿や腹痛、腰痛患者に表示されます。

どのように危険な女性は卵管、子宮頸部、妊娠・出産の病理学、肝臓の疾患、脾臓の炎症を引き起こすことができます。

男性-精巣上体の炎症、前立腺、膀胱、効力の違反に。新生児の赤ちゃんは、鼻咽頭、肺の炎症の損失を結膜炎を開発することができます。

トリコモナス

症状。彼らは時々後に、感染後4-21日に発生することがあります。

女性では、豊富な泡の白や黄緑色の刺激臭と色、激しいかゆみや性器の炎症を引き起こすだけでなく、痛みがある性交時、排尿時に痛みを焼きます。

男性では、尿道から、粘膜化膿性放電を排尿焼けるような感覚があります。

しかし、病気はしばしば無症候性です。

女性が影響を受け、子宮、卵管、卵巣、尿路の子宮頸部の内層されています。

感染があっても腹膜炎を引き起こす可能性があります!男性では、前立腺、精巣および精巣上体、尿路に苦しみます。

マイコプラズマ

症状。これは、感染後3日で自分自身を見つけ、多分月に、陰部、希少明確な放電、痛みを伴う排尿にかゆみや不快感によって明らかにすることができます。

淋病

症状

女性では感染後3-7日は、黄緑色のおりもの、頻繁に、痛みを伴う排尿、下腹部痛、時には出血が表示された。

しかし、より公平なセックスの疾患のほとんどは長時間気付かれません。

尿道から、黄緑膿性分泌物を排尿時の男性、痛みや灼熱感で女性は尿道、膣、直腸、子宮、卵巣、卵管に影響を与えています。

メンズ内部性器はインポテンツ、不妊症を脅かす精巣上体、精嚢、前立腺の慢性炎症を開発しています。

梅毒

症状。3~6週間の疾患の潜伏期間最初の兆候-丸みを帯びた形状の痛み男性-陰茎や陰嚢に-女性では、唇や膣粘膜(肛門で、口、唇時々)に住んでいます。

それだけで、それは無痛であるが、その発生後一週間か二週間後に最も近いリンパ節を増加させます。

それは治療を開始する必要があり、この時点でした!

これは、ときにまだ可逆的疾患の第一段階です。感染後2-4ヶ月は第二段階を開発した後-すべての私の体の上に発疹が、高熱、頭痛が表示され、ほとんどすべてのリンパ節を増加させた。

一部の患者では、髪は性器や肛門に成長の頭の上に落ちます。

どのように危険な時間が終了する場合は病気が遅い死と呼ばれ、筋骨格系に重大な問題がある、内臓で不可逆的な変化、神経系が -死ぬ患者の約四分のする疾患の第三段階を開始します。

私は何かが間違っていたことに気づきましたか?

より良い安全であると医師に急いで、インターネット上で見て、どのような症状を治療するためにしないようにします。

静脈から血液を取ったりこすると性感染症に対する抗体の存在によって決定され行われる。

細菌鏡検(多くの場合、淋病とトリコモナスを明らかに)、および他の多くの診断方法を使用している。

感染症を治療する抗菌剤および洗濯尿道を男性、女性膣および他の手順での感染がないことを確認するために、いくつかのテストに合格する。

治療の過程が完了すると、チェックアップに合格する必要があります。